胸ポケットに入る手帳の機動性は抜群 ~2015年からの新たな手帳~


2015年からこれまで愛用してきた超整理手帳をやめ、新たな手帳を使い始めることにしました。
2014年12月始まりのものなので、11月から持ち歩いています。





A7サイズ(変形)でワイシャツのポケットにすっぽり入ります。ひものしおりが2本ついていて、2本色違いなので便利です。
左側が週間スケジュール、右側がメモです。週間スケジュールは時間の目盛りがあるのが便利です。
巻末の資料には年齢早見表がついていて重宝しそうです。年間カレンダーも2年分ついています。

手帳を変えた理由は後述しますが、ワイシャツのポケットに入るので、常に携帯できるメリットは大きいです。
ただ、私はポケットに常にペンを2本さしているため、手帳を入れるときに若干、窮屈感がありました。
ですので、以下の同種の手帳のワンサイズ小さいものにしようか迷いました。




上記2種の主な違い



一番始めに紹介した手帳(E1008)と次に紹介した手帳(E1002)の主な違いは次のとおりです。
・サイズ
  E1008 W79×H115×D9mm
  E1002 W72×H114×D10mm
・週間スケジュール
  E1008 時間目盛りあり
  E1002 〃なし
・巻末資料
  E1008 日本地図(全国の鉄道路線付き)あり
  E1002 〃なし
・付属えんぴつ
  E1008 なし
  E1002 あり

一番、迷ったのはサイズと週間スケジュールの時間目盛りです。
当然、サイズは大きい方が書き込めるスペースがあり便利なのですが、ポケットへ入れるときの窮屈感というか、もたつきをどう考えるか。
週間スケジュールの目盛りは、やはり、あった方が書きやすい。

で、実際、2種購入してみました。試した結果、結局、ポケットへ入れるのは、慣れれば問題ないだろう、ということで冒頭で紹介した以下の手帳(E1008)にしたのです。




機動性が抜群にいい



11月から持ち始めていますが、今のところ問題なく、やはり常に携帯できる利便性をかみしみめています。

私の仕事は、企画系の事務職でほとんど事務所のデスクにいるため、小さい手帳でなくても問題はありません。でも、会議のときや、自分のデスクを離れたちょっとした打ち合わせ、席を立って他の部署へ行くとき、ちょっと席を外しているときなど、当然あるわけで、そういうときに常に手帳を見れる環境は、かなり便利です。(そういうときに限ってスケジュールの確認が必要になったりするんですよね)

また、歩いているときに、さっと思いついたことをメモすることもできます。
スケジュール等の閲覧やメモ等のアウトップのときの機動性が抜群です。

書き込むスペースの少なさは、多少不安はありますが、付箋を仕事中に首からかけているストラップ型の名札に入れておいたり、鞄に携帯しておくことで、カバーできるかなと思っています。


これまでの手帳の変遷



社会人になってから、A4サイズの手帳→A4サイズのシステム手帳(約10年)→超整理手帳(約3年)と変遷しています。いずれもバーチカルです。

今でもバーチカルを使いたい思いがありますが、胸ポケットに入る大きさでバーチカルはなさそうなので、今回初めて横型の週間スケジュールを使うことになりました。

超整理手帳に替えるときのことは記事にしていますので、興味のある方は、以下を参考にしてください。

10年使った手帳にメスを入れる


10年愛用した手帳の後継は超整理手帳




ちなみに、超整理手帳を常に携帯したいと思い、シザーバッグを持ち歩いていた時期もありました。これはこれでよかったのですが、もう少しスマートにいきたいと思い、今回、胸ポケットに入る手帳という方向に行くことにしたのです。

超整理手帳を常に携帯するためスーツにシザーバッグを合わせてみた




おわりに



手帳にはいろいろ思い入れがあります。最近思うのは、これまでやってきたことに固執しないこと。これまでの手帳や手帳の使い方で問題がなくても、もっとよくなると思ったものがあれば、チャレンジしてみる。手帳だけではありませんが、そう考えています。

今回、前述のとおり、約3年使っていた超整理手帳を特段問題があったわけではなかったのですが、替えることにしました。それは、もっと機動性をあげたい、いつでも手帳に書き込んだり、中身を見たい、という思いを実現させてみたかったのです。使ってみたら使いにくいということで、失敗に終わるかもしれませんが、それならそれで、また戻ればいい。
そう思っています。


関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント