【読書メモ】働くパパの時間管理術



本ブログと趣旨が似てそうなタイトルだったので、タイトル買いしました。

内容は、ビジネス書に書かれていることを、パパ目線に置き換えて書かれているといったところでしょうか。

これまで、それなりにビジネス書は読んできているので、既知の内容が多かったのですが、その内容に対するキャッチフレーズの付け方は斬新で興味を惹かれました。

例えば、
・「時間のボーダーレス化」・・・平日と休日の時間を区別しない
・「二毛作」・・・何かをしながら何かをして時間を有効活用
・「仕事の初球打ち」・・・与えられた仕事はすぐにとりかかる。
・「早起早寝」・・・早く起きることで早く寝ることができ、結果的に早寝早起きになる

など、内容は、どこかで読んだことがあるものなのですが、このキーワードのおかげで頭に残りやすくなります。

本書を読んで実践しようと思ったことは以下の3つでした。

○アフター5の内容を曜日ごとに決めておく
  あらかじめ時間を「天引き」しておく

○「作業興奮」を意識
  とにかくとりかかれば、エンジンがかかってくる

○効率<思いやり
  効率が悪くても夫婦が笑顔になるならあえて非効率を選ぶという選択肢もあり得る


/////関連記事/////

行動の源泉となる読書メモ
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【【読書メモ】働くパパの時間管理術】

仕事も家事も育児もうまくいく! 「働くパパ」の時間術posted with ヨメレバ栗田 正行 日本実業出版社 2012-05-26 Amazon楽天ブックス本ブログと趣旨が似てそうなタイトルだったので、タイトル買いしました。内容は、ビジネス書に書かれていることを、パパ目線に置き換...