風邪を引くと生活のリズムが崩れる


9月の初旬に風邪を引いてしまいました。4ヵ月ぶりの風邪ですが、風邪をひくたびに思うのは、体調と生活のリズムを取り戻すのが大変だということです。

例えば、毎週、フットサルやスポーツジムで運動をしているのですが、それがしばらくできなくなります。再開しても体力が戻るにはかなりかかります。

他には、レジャー。子どもと予定していたお出かけが行けなくなったり、家で遊ぶことができなくなります。行けるようになっても、体がダルいと楽しめません。

家族がおいしそうに食事をしていても、自分だけ食べれなくなることがあります。

他には、ブログ。毎日、ブログを更新しているのですが、体調が崩れると書くのがつらくなります。書きためたもので、なんとか乗り切ります。

など、体調を崩すことで、いろいろできなくなり、楽しみがなくなってしまいます。最近は、完全に体調が戻るまで10日間はかかりますが、戻ってからも生活のリズムを元に戻すのにはしばらくかかります。

その間、なんだか限られた人生をもったいない使い方をしているのではないか、と寂しい考えが頭をよぎったりします。だって、体調を崩さなければもっと有意義に時間を使えるのに。

ただ、一方で、こういったときは、人生の休息だと考えることにしています。

また、冷えとり生活をはじめて4年目になりますが、以前より、体調を崩しても重篤化しなくなったのは幸いです。もちろん、薬は一切飲みません。

やはり、一番よいのは、暴飲暴食を避け、体を冷やさず、穏やかに、ふだんの生活を正しく過ごすことが肝要だと改めて思います。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント