常に持ち歩くミニノートはこれに決まり


iPhoneをいつもズボンのポケットに入れ、メモをするとき、素早く取り出せるようにしています。

ただ、素早さという面だけを言えば、アナログのミニノートを携帯していたほうが、勝ると思っています。また、思考を深めたいときは、手書きの方がしっくりきます。ラフな図化をしたりすることもあるので、手書きの方が都合がいいのです。


そんなこともあり、最新、ミニ手帳を常に持ち歩くことにしました。

これまで、仕事用のメモ帳は、胸ポケットに常に携帯していましたが、今回は、プライベート用のものとして、ということです。仕事用とプライベート用は分けたいのです。

ノートはこれです。サイズが3種類あるようですが、これが一番大きいものです。




これをお尻のポケットにしのばせています。ミニ鉛筆がついているので、書くものがないときにも重宝します。
ちなみに、お尻のポケットに入れていても、作りがしっかりしているので、折り曲がるなど使いにくくなることはありません。

あとで加工するようなメモはiPhoneを使いますが、とっさにメモするときや、思考しながらメモするときに、このノートを使います。

ちなみに、カフェなどで腰をすえて、思考に時間をかけるときは、大きなノートを使っています。





これは無地なので、考えをめぐらし、頭の中をはき出しながら、思考するときに使いやすいです。

考えるときは頭の中だけですましがちですが、あえて手書きしてみると、混沌としたものが整理できたり、手書きをすることで、そこから新たに考えが浮かんだり、というメリットを感じています。

思考するときと、何か頭に浮かんだときには、とにかくメモする習慣をつけたい、と思っています。



関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント