教養を高めるため「ざっくり知識ノート」を充実させる


以前の記事(【読書メモ】大人のための読書の全技術で紹介した本を読んでから、改めて「教養」を高めねば!、という思いが強くなりました。




具体的な行動として、2つ考えています。

幅広いジャンルの読書



1つは、幅広いジャンルの読書を意識的にすること。その前に池上彰さんの本を手当たり次第読んで教養の土台中の土台を作ろうとも思っていますが•••。


「ざっくり知識ノート」の充実



2つ目は、「ざっくり知識ノート」を充実させること。
ざっくり知識ノートとは、あるテーマや事項に関する知識をごく簡単に、その名のとおり、ざっくりまとめるノートです。

例えば、アレルギーに関する本を読んだら、アレルギーに関する基本的な内容をノートにまとめます。その後、他のアレルギーに関する本を読んだら、そのノートにどんどん追記していきます。できるだけ、簡単に、ざっくりと。

以前、記事(ざっくり「子どもの食物アレルギー」で書いたことがありますので、参照してください。




そのノートをたくさん増やし、ジャンルも幅広いテーマを扱ったノートを増やそうというものです。

以前からも作ってはいたのですが、なかなかおっくうになった滞りがちになっていたので、ここらで教養をつけるというモチベーションが高まってきたので、充実させようと思っています。

ちなみに、ざっくり知識ノートのノートは、追記や加工がしやすいよう、アナログではなく、iPhoneとiPadでも使えるノートアプリ(ATOK Pad)を使っています。読後、すぐにメモるのに最適です。


さいごに



やはり改めて思うのは知識は「蓄積」だということ。それには、読書など知識を仕入れたら、それを小まめにメモっておき、テーマごとに分類して取り出しやすくしておくこと。それが大切だと考えています。


ATOK Pad
1,300円
(2014.08.15時点)
posted with ポチレバ



関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント