【育児】子どものビデオや写真を手軽にテレビで見るためにホームネットワークを活用

 子どものビデオや写真を撮りっぱなしでほとんど見ない、ということはありませんか?

 我が家では、1年半前、子どもが6ヶ月頃のときビデオカメラを買いました。ビデオカメラといっても、一般的なビデオカメラとは違い、ポケットビデオカム「vado HD」 という小型のものです。

 ビデオカメラに比べれば、ズーム機能が優れていませんので、運動会や学芸会などのイベントでは不向きかもしれません。しかし、子どもの日常生活を撮りたいという思いから、すぐに取り出せて持ち運びに便利な「ポケットビデオカム」にしました。

 これなら、人目につきませんので、飲食店やデパートなどで撮ってもそれほど周りを気にする必要はありません。子どもの何気ない日常生活を撮るには最適です。

 しかし、これまで、撮ったはいいが、撮りっぱなしでなかなか見ることがありませんでした。動画データとしてパソコンで取り込んでいますので、パソコンで見ることはできるのですが、これまでほとんど見たことはありません。

 見たいと思うときはあるのですが、わざわざパソコンを起動してまでは面倒なのです。妻はパソコンがそれほど好きではありませんのでなおさらです。


 そこで我が家は、リビングのテレビで手軽に見れるようにしました。


 どうしたかというと、まず、撮った動画データをネットワーク対応のHDD(BUFFALO ネットワーク対応HDD LinkStation 1.0TB LS-CH1.0TL)に保存します。

BUFFALO ネットワーク対応HDD LinkStation 1.0TB LS-CH1.0TLBUFFALO ネットワーク対応HDD LinkStation 1.0TB LS-CH1.0TL
(2009/05/02)
バッファロー

商品詳細を見る



 それで、このHDDとリビングのテレビ(sonyのBRAVIA KDL-40W5)を有線でつなぎます。別にこのテレビでなくても最近のテレビであればおそらく問題ないでしょう。

【エコポイント対象商品】 SONY BRAVIA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ W5シリーズ 40V型 KDL-40W5【エコポイント対象商品】 SONY BRAVIA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ W5シリーズ 40V型 KDL-40W5
()
ソニー

商品詳細を見る



 ちなみに、少し話しはそれますが、我が家は、このHDDを私と妻のパソコンのネットワークの中に入れてあり、どちらからもアクセスできる状態にしてありますので、それぞれのパソコンからも見ることができます。

 さらに、リビングにあるDVDレコーダー(sonyのBDZ-EX200)で録画したテレビ番組を寝室のテレビでも見ることができるようにしています。

     sonyの「ルームリンク」です。いわゆる「DLNA」(注)というやつです。

注)Digital Living Network Alliance(デジタル リビング ネットワーク アライアンス )の略でデジタル家電など家庭内ネットワークの相互接続の標準化を推進する団体、またはその仕様。(「はてなキーワード」より)

SONY デジタルハイビジョンチューナー内蔵HDD搭載ブルーレイディスクレコーダー HDD2TB BDZ-EX200SONY デジタルハイビジョンチューナー内蔵HDD搭載ブルーレイディスクレコーダー HDD2TB BDZ-EX200
(2009/11/07)
ソニー

商品詳細を見る



 話しを元に戻します。

 ここで注意をしなければいけないのが動画データのファイル形式です。

 前述のポケットビデオカム「vado HD」で録画した動画データはavi形式で、リビングのテレビは、avi形式に対応していませんでした。説明書を見たところ、mpeg2形式とavc形式に対応していることがわかりました。


  ということは、avi形式からmpeg2形式やavc形式への変換が必要になってきます。

 そこでパソコンのソフトウエア「Any Video Converter Gold」を使います。動画データ形式を変換するフリーソフトをいろいろ探したのですが、操作性や対応できるデータ形式などから、有料(5,500円)ではありますが、これにしました。

 avi形式からmpeg2形式などへの変換であれば、これの下位にあたる「Any Video Converter Professional」は、レンタルしてきたDVDからmpeg2などのファイル形式でパソコンなどに保存できることから、こちらにしました。


 動画データの変換は、手間と時間がかかると思われるかもかもしれません。ただ、撮った動画データをパソコンに取り込み保存するときにあわせて、前述のソフトを使って変換してしまえば、それほど手間ではありません。

  ただ、変換の時間はかかります。夜寝る前に変換の開始の設定をしておけば、朝起きたときにはできていますので、それほど問題にはならないでしょう。我が家は、ビデオは長くてもせいぜい1分から2分しか撮らないので、それほど変換の時間はかかっていません。


 こうして、mpeg2に変換したデータを前述のHDDに置くことで、テレビからチャンネルを変えるような簡単な操作で見ることがができます。

 これで、見たいときにすぐに手軽に見ることができます。

 ちなみに、このHDDに写真のデータを置いておけば、写真もテレビで見ることができます。

  我が家は、 写真はフォトアルバム(TranscendPF810)で常に流しているので、見る機会は多いのですが、動画はこの方法により、見る回数が増えました。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント