下の子の成長を上の子と比べてしまう


もうすぐ0歳4ヵ月の下の娘は、ちょうど1カ月前、寝返りまであと1歩というところでした。仰向けの状態からコロンと転がって、うつぶせになったときに、片方の手がぬけずに、よく、泣いていたのです。あと少し、といった感じです。

こういう光景をみると、よく妻と「(上の子のは)寝返りできるのもう少し遅かったよねぇ」とか、「(上の子より)おてんばになるかもしれないねぇ」と話しています。

そういうとき、はたと思うのです。

いかん、きょうだいで比べてしまった。しかも、上の5歳の息子のいる前で、と。

でも、下の娘の成長段階をみると、ついつい上の息子と同じ頃の成長段階と比較してしまうのです。

心の中で比較している分にはいいですが、それを上の息子の前で口に出して言わないよう、注意したい、いや、注意しなければいけないと思っています。

他人との比較はもちろん、きょうだいであっても、比べる、ということはなるべく避けようと思うのです。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント