【読書メモ】子どもの気持ちがわかると、子育てはもっと楽しい





妻に借りて流し読みをしたのでポイントだけメモ。

○子どもは「依存」と「反抗」を繰り返して自律する。
○きょうだいげんかはスポーツのようなもの。親はレフリー役になればよい。善悪をつけて叱らないこと。
○「無条件の愛情」が根拠のない自信を育てる。それが自分を信じる力のペースになる。
○親は子どものペースを守る人。教えて待つ姿勢が大切。
○親は、その漢字が表すとおり、木の上に立って見る、すなわち見守るのが役割である。

→子育てに大切な要素は「待つ力」「見守る力」「無条件に愛する力」の3つだと感じた。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント