子どもの「練習」の習慣化


今、5歳の息子の保育園では、逃走中ゲームがはやっているそうです。テレビ番組の逃走中(フジテレビ)を真似しているのですが、簡単に言えば、鬼ごっこのような感じです。

息子は自らハンター(追いかけ役)を志願しているようですが、なかなか追いつけずつかまえれないそうです。


「練習」の意識づけ



そこで、朝、妻が保育園へ送る途中の公園で走る練習を始めました。
最初は、練習を渋っていましたが、あるとき、逃走中ゲームで友達を捕まえれたそうで、「練習したから捕まえれたんだよ」というと、毎朝、練習するようになりました。

さらに、ドッチボールでうまくボールを捕れないようで、「じゃあ、練習しよう」というと、練習し始めました。

他にも、ワールドカップの影響もあり、あわせてサッカーの練習もしています。

「練習」の習慣化



妻は育休中で、乳飲み子を抱えて公園に行っていますので、大変かとは思いますが、毎日、練習することが大切だと思っていますので、がんばってくれています。

毎日、というのがポイントで、毎日やるというのは早く習慣化できると思っています。

よって、毎朝、30分くらい早く家をでて、逃走中ゲームとドッチボールとサッカーの練習をしています。


練習したから上達しているという体験



週末、息子とサッカーしたり、ドッチボールしたりすると、少しずつ上達しているのがわかります。

先日、保育園の行事として、小学校でプール遊びをしよう、というのがありました。息子は水遊びが苦手なので、じゃあ、市民プールへ行って練習しよう、というと嫌がらずにプールに行ってくれました。

練習すると上達するという体験をたくさん積ませる機会を作ってあげたいと思っています。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント