死の直前に「存分に生きた」と言えるか


五木寛之氏の『ゆるやかな生き方』を読んでいたら、人間は50年くらいが耐用期間、それ以上生きるから問題が出てくる。欲張って生きようとする天罰が老化ではないか、といった内容が出てきました。




そのとき、その前日に見たNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の本能寺の変の場面で、信長が死の直前に声高らかに叫んでいるフレーズが頭をよぎりました。

「存分に生きた」、と信長は炎に包まれた本能寺で死の間際に言い放っていました。


人生はいつ幕を閉じるかわかりません。人生50年が、人生100年になったのかもしれませんが、それはあくまで平均寿命の話であって、個々人を見れば、どうなるかなんて誰もわかりません。

死ぬ間際に「存分に生きた」と言い放てる毎日を送らなければ、と思うのです。

まずは、その日1日を存分に生きる、その積み重ねです。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント