サッカーワールドカップから世界地図の学習へ

5歳の息子とブラジルサッカーワールドカップの試合を見ています。息子は誰が強いの?と聞いてくるので、アルゼンチンのメッシやオランダのロッペン、ブラジルのネイマールなどの選手をあげると、その選手に注目して見ています。途中で飽きてしまいますが•••。

ただ、選手だけではなく、次はどこ対どこ?と聞いてくるので、これはチャンスと思いました。
何がチャンスかというと、国に興味を持たせるいい機会になると思ったのです。

すぐに、地球儀と世界地図を買おうと思い、いろいろ探してみました。


で、結局、この世界地図を買いました。
決め手は国旗が載っていることと、大きさ(リビングの息子が見る場所に貼れる大きさ)です。




地球儀は、世界地図への興味の度合いをみて考えることにしました。
ちなみに買おうと思ったのはこれ。







地図はリビングに貼り、試合があるたびに、「○○っていう国はどこにあるのかな?」と息子に聞くと、場所を調べはじめます。
この地図は国旗も載っているので便利です。試合中、テレビには国旗が出ているので、それをみて国旗と国を結びつけて考えることもできます。


こうやって、ふだんの生活を入り口にして、学習に興味を広げる工夫をたくさんしたいと思っています。単に学習が入り口だとなかなか勉強の意欲はわいていませんからね。ここは親の発想力が問われるところです。

関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント