ottaka18をフォローしてくださった皆様へのお礼


Twitterのアカウント(@ottaka18)を持ってはいるのですが、何をつぶやいてよいかわからず、ブログを更新したときにしかつぶやいていません。しかも、更新したらタイトルを自動で投稿するという機械的な使い方です。

ちなみにブログを更新したら自動でTwitterに投稿する方法はこの記事を参考にさせていただきました。


まとめ記事!IFTTTへの登録手順と、ブログの更新情報【RSS】をTwitterに自動投稿する設定手順




そんなTwitterの使い方をしているのにも関わらず、つい先日フォローしてくださった数(フォロワー)が100人を超えました。ありがたい限りです。

そのお礼をしたくて、今回の記事をおこしました。
フォローしてくださっているみなさま、ありがとうございます。感謝感謝です。


関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

Re: アレルギーについて

シバタ様
 コメントありがとうございます。うちの5歳の息子は1年以上冷えとりをしていますがアレルギー(卵と乳)は治っていません。ただ、アレルギーを治したくて冷えとりしているわけではありません。最近は、冷えとりを勉強すればするほど、アレルギーに関する書籍を読めば読むほど、アレルギーがあるのは、むしろ免疫力が高いからと前向きに理解しています。なぜなら、卵や乳という身体に負担のかかるものを受け付けないようにする力が備わっていると解釈しているからです。そういう意味からすると、しっかり冷えとりをすればするほど、免疫力が高まり、アレルギーは治らないのではないかとさえ思っています。ただ、冷えとりは、前述したようにアレルギーのためではなく、身体の不調を薬に頼らず自然治癒力で治したい、また、冷えとりの第一人者である進義晴氏の言うところの正しい生活をするため、に家族で実践しているだけです。そうはいっても、アレルギーは社会生活を送るのには不便なので、病院でアレルギーの負荷テストをして、食べれる量の上限を見極めながら、家で少しずつ少しずつ食べる量を増やす取り組みをしています。けっこう骨は折れますが・・・。

アレルギーについて

ブログ読まさせてもらいました
似たような生活をされているので、
聞きたくて、コメントさせてもらいます

冷え取りして、食べ物アレルギーは
治りませんか?

息子10ヶ月は食べ物アレルギーがたくさんです
冷え取りしながらの出産で
出産後息子にもひえとりしていますが、
食べ物アレルギーは治りません

成長を待つしかないと感じますか?
ご意見聞かせてほしいです