キュボロかトリッキーウェイか迷った


ずっと気になっていた「キュボロ」という知育玩具があります。



溝のついた立方体の積み木を重ね、玉(ビー玉)が通る道を作る遊びなのですが、立方体の上の溝だけではなく、トンネルのように立方体の中を通ったりでき、空間把握能力が鍛えられる知育玩具です。

そのキュボロを作っているスイスのキュボロ社は、「トリッキーウェイ」というキュボロの考えを生かしたゲームを作っています。

キュボロのパーツを動かす回数を3回とし、その制限された中、長い道を作った人が勝つという、大人も考えさせられる知的ゲームです。




今、妻が第2子出産後の里帰り中のため、5歳の息子と二人で生活をしているのですが、その息子の頑張りを認め、キュボロかトリッキーウェイをプレゼントしようと考えました。

どちらにしようか迷いましたが(どちらも高価なので買うこと自体迷いましたが•••)、ちょうどトリッキーウェイがセール期間中でしたので、トリッキーウェイを購入しました。


5歳の息子にはまだ早いかなと思いましたが、ぜんぜんそんなことはありませんでした。

真剣勝負をすれば、大人の私が勝ちますが、息子は息子なりにキュボロのパーツをあーでもないこーでもないと熟考します。立方体の中を通る道を通すという高度なこともしようとします。

ゲームが終わっても、1人で立方体をいろいろ動かし、どうやったら長い道が作れるか考えていました。

もちろん楽しいのが一番なのですが、親としては、立方体という3Dで考えるので、空間把握能力が高まるのではないかと期待しています。でも、楽しいのが一番、ということを忘れてはいけませんが。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント