妻が入院中は「動物さがし」【カードゲーム】


第2子の出産で妻が入院しているとき、5歳の息子が病院で退屈しないようにと買ったのがこのカードゲーム。




まずは、ゲームの説明をします。

赤、青、黄、緑、紫の5色・いぬ、ねこ、うま、うし、ぶたの5種類の中からいなくなった動物を探すゲームです。

動物が1匹だけ描かれたカードは、場に広げておきます。4つの動物が描かれたカードは裏返して山にしておきます。

その山から一番上のカードをめくり、そこにいない動物で、そこにない色のものを場に広げたカードから早く見つけるのを競います。

早く見つけた人が、そのカードをもらい、最後に一番枚数の多かった人(一番たくさん見つけた人)が勝ちとなります。

色と種類を瞬時に見分ける力が必要です。


5歳の息子には、ちょうどよい難易度でした。回数を重ねるごとに見つけるスピードがあがり、私や妻よりも早く見つけることもあります。

瞬間的な判断や集中力が鍛えられ、大人も一緒に楽しめます。また、手を抜いたり、わざと子どもに勝たせることができるゲームなので、他のゲームで負けが続いたときにこのゲームで勝たせてあげる、といったこともできます。
とにもかくにも、家族が1つのカードをじっと見て、一緒に考える時間をもてる、というのが楽しいです。


ちなみに、病院に持って行った他のゲームはこれらです。








関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント