妻の里帰り中の子育ては「楽しく甘く」


4月末に第2子が生まれ、現在、妻が里帰り中です。その間、5歳の息子と2人暮らしです。

期間は約1ヵ月を予定していますが、その間は、「楽しく、少し甘く」をスローガンに息子と接しようと思っています。


とにかく楽しく



5歳の子どもが約1ヵ月も母親と過ごせない、というのはなかなか大変なことだと思います。週に1、2回は、妻の実家に帰ろうとは思いますが、それでも滞在は2時間程度です。

だから、その間は、息子が少しでも楽しく過ごせるよう「とにかく楽しい雰囲気」を無理してでも作ろうと思うのです。

具体的には、いつもよりたくさん話しかけ、息子が笑うような内容を随所に入れ込む。また、息子と遊ぶ時間をたくさんとり、息子がしたいことを一緒にする、などです。あとは、私がいつも笑顔でいるということが何より大切だと思っています。

とにかく楽しい雰囲気づくり、です。



少し甘く



前述の「とにかく楽しく」と関連しますが、この限定された期間だけは、普段よりしつけを少し甘く考えてもいいかなと思っています。というのは、息子を泣かせてしまって、お母さんに会いたいよぉー、となってしまってもいけません。また、母親のいない中で生活する、という頑張りもあるので、少し大目にみてもいいのではないか、と思うのです。

だから、ちょっと注意したくなっても、ぐっとこらえて、「少し甘く」です。


さいごに



仕事がある中、保育園の送り迎え、朝食と夕食の準備、掃除、洗濯、風呂に入れて寝かしつけを全部自分でやる、というのはなかなか大変です。残業も全くできないため、かなり仕事に支障をきたしそうです。

でも、これが無事できれば、自分の子育てレベルが1つあがるのではないか、と思って敢えてチャレンジしています。

まだ、1週間ほどしかたっていませんが、疲労がかなりたまっています。でも、この1ヵ月は、がんばってみようと思います。

関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント