5歳で「カプラ」デビュー


以前の記事(子どもにおもちゃを買ってあげるときの我が家のルール )で書いたとおり、5歳の息子にカプラを買いました。







息子がほしいと言ったとき、本当に遊ぶのか不安があったので、どこかで試しに遊べないかいろいろ探してみました。

そこで見つけたのがここ。
浜松こども館 Hamamatsu Children's Plaza|浜松市文化振興財団


私が住む愛知県からはそこそこ距離があるのですが、カプラだけでなく、子育て世帯にはなかなか興味深い施設なので、行ってみよう、となりました。ここで遊んでみてから買おうと思ったのです。

ただ、実際に予定していた日は、息子が体調を崩したため延期し、それ以降は私が週末に出勤が続いたりと、なかなか行けずじまい。

結局、行かずに買うことにしました。

心配は不要でした。
息子は、ほほ毎日、カプラで遊んでいます。同封されていたカプラで作った作品の絵や写真を真似して作っています。アレンジもし始めています。

私も一緒に作ったりしていますが、たくさんのカプラを積み上げて完成したときは、なかなかの感動モノです。

大人も子どもと一緒に楽しめるので、一家に1つあってもいいのでは、と思いました。

ちなみに、カプラのピースの数の違いでカプラ200、カプラ280などがあり、どれにしようか迷いましたが、今のところ5歳の息子には200で十分のようです。









関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント