なぞなぞの本といえば


最近、5歳の息子が「なぞなぞ」をしようと言います。

妊婦の妻の散歩もかねて、朝、保育園とは逆方向なのですが、私が通勤で使う駅まで3人で歩いています。その間の15分、息子と交互になぞなぞを出し合います。

なぞなぞは、思考力や想像力が高まりますので、もっと息子に興味をもってもらおうと思い、なぞなぞの本をいろいろ探してみました。

私が子どもの頃は、けっこうなぞなぞが好きでいろいろななぞなぞの本を持っていた記憶がありますが、Amazonで探したところ、今は少ないような気がしました。

で、買ったのがこれ。



Amazonで探したので中身がわからず、簡単すぎたり難しすぎたらどうしようという不安がありましたが、5歳の息子にとってはちょうどよい難易度でした。

なぞなぞだけでなく、迷路や間違い探しが少し入っているのも飽きさせずいい感じです。

タイトルが幼稚園となっていますが、幼稚園に行っていなくても全く問題ありません。ウチは保育園ですし。

なぞなぞに興味のある4~5歳の子どもにはちょうどよい難易度でオススメです。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント