子どもにYouTubeを見せない理由


子どものスマホ利用調査 - 1歳で7割超、2歳で8割超が使用 | エンタープライズ | マイナビニュースの記事を見かけて、少し考えるところがありました。

調査の概要を記事から抜粋します。

ママ向けコミュニティサイト「ママスタジアム」で、2014年1月23日~2月6日に実施された。有効回答数は582件で、子どもの平均年齢は4歳となっている。表によると全体の85%の人が、「子どもがスマートフォンを使用することがある」と回答している。0歳児の利用率は24%で、1歳児は74%、2歳児は85%となっている。また、「子どもがどのように利用しているか」を尋ねた質問では「YouTubeなどの動画視聴」が最も多い。


YouTubeはなどの動画試聴が最も多いようですが、ウチはYouTubeを一切見せていません。

ウチは5歳の息子がいますが、スマホを使うときは、息子の写真や動画を見るのが大半です。
過去にはYouTubeを見せていたこともありましたが、今は一切見せていません。妻にも見せないように言っています。

なぜか。

それは、YouTubeだと、ストーリー性がなく、あくまで、断片的な内容しかみれないからです。断片的な内容をつなぎ合わせればストーリー性があるのかもしれませんが、だったらYouTubeを見ずともDVDなどで見ればいいと思います。

だから息子が何かのアニメがみたいと言えばYouTubeではなくDVDをレンタルし、最初から最後まで、すなわちストーリーをすべて見せるようにしています。物語全体からストーリー性を感じ、話の展開を読み取る力をつけてほしいからです。

YouTubeは見たい映像をすぐ見れるというメリットはありますが、そのインスタントさが故に失うものもあると思っています。

関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント