子育てしている助けてもらって当然という認識を持ってはいけない


今、妻は妊娠中ですが、よく二人で「妊娠しているから当然のように周りが助けてくれると思ってはいけないよね」と話しています。

実際、マタニティマークをつけていると、電車の中では席を譲ってくれるそうです。
でも、それを当たり前と思ってはいけない。譲っていただけたなら、心からありがとうございますと思わなければいけない、ということです。

他にも、例えば、小さい子どもがいるから電車で席を譲ってくれるとか、飲食店でおもちゃやおやつをもらったりとか、家電量販店で風船をもらったりとか、当然とは思ってはいけません。子どもがいるから金銭的な支援、例えば、子ども手当て(平成24年4月から児童手当)をもらって当然と思うのも違うと思います。

妊娠中や、子育て中ですと、周りがいろいろ助けてくれたり優遇してくれたりしますが、決して当たり前と思わず、素直にありがとうございます、という気持ちを持つことが大切なんです。そういう心持ちでの5歳の息子の子育てを私は心がけています。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント