おだやかに暮らすために「ひと駅前で本を閉じる」という工夫


日々、ていねいにおだやかに暮らしたい。
その工夫として、最近しているのが、「ひと駅前で本を閉じる」ということです。

通勤電車の中では、いつも読書をしているのですが、降りる駅のひとつ前の駅で本を閉じるようにしています。

今までは降りる直前まで本を読んでいました。気になってやめられないときには、電車が駅に停車しドアが開き乗客がなだれ込んでくる寸前まで読んでいます。

そうすると、本を閉じて鞄にしまって駅を降りるという一連の行為が慌ただしくなるんです。1日のスタートがそうだと、その日1日が慌ただしく感じるのです。

その慌ただしさが嫌で、スマートに、穏やかに、降車したいと思い、ひとつ前の駅で本を閉じることにしたのです。

おだやかに暮らす自分なりの工夫です。

関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント