【絵本】おちゃのじかんにきたとら




とらが家に来て食べ物や水を全部たいらげてしまうという話です。

最後、お父さんが登場したとき、何が起こるのかな、と期待感がありましたが、特段、驚くようなことはありませんでした。が、最後、食料をたくさん買い込むというのは、優しさを感じるところでした。

5歳の息子は、とらが食料を全部食べてしまって、お父さんの夕食がなくなってしまった、という内容にクスクスと笑っていました。

少し文字数があるので、4歳以上から楽しめる絵本だと思います。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント