読書の日(2014年2月)【絵本】恐竜トリケラトプスの大逆襲


今月の「読書の日」の絵本は、私や妻ではなく、5歳の息子が選びました。

※読書の日とは、毎月12日前後、、私と妻が交互に、息子に絵本を選び、多様な読書の習慣をつけるものです。詳細は以前(家族の読書の日)の記事を参照。








男の子に恐竜というのは鉄板ネタなんですかね。私が小さいときも、恐竜は好きでしたし、息子の周りの子も恐竜が好きなのようです。

恐竜の本、というと図鑑のようなものがほとんどかな、と思っていましたが、今はそうではないようですね。ストーリー性のあるものもたくさんあります。

この絵本も、なかなかストーリーがしっかりしています。恐竜の世界を楽しむだけでなく、話としても十分楽しめる絵本です。戦国時代の戦ばりの戦術が出てくるのには驚きました。

こういった絵本は、恐竜好きの子どもはたまらないのではないでしょうか。最近、息子はこの絵本ばかり読んでいます。

ちなみにこれはシリーズ化しており、息子ははやくも他にも目が向き始めています。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント