子育てにどこまで圧をかけるか

5歳の息子は、怖がりで新しいことにチャレンジするのを嫌います。

例えば、こうです。

公園で少し高さのある滑り台は滑りません。怖いから嫌だといいます。

水族館など少し暗いところに行くと怖いといい、行きたがりません。

○○に行こうか、と今まで行ったことのない場所を言うと、怖いから行きたくないと言います。


キョウリュウジャーやピカチュウなど、好きなのに怖い人が出てくるから見ようとしません。

○○を見ようか、と今まで見たことのない映画やアニメの番組名を言うと、怖いから見ないといいます。

何かと怖い、なんですよね。
親としては、個性と認めつつも、それではこの先困るのではないか、と思います。

だから、少し無理をしてでも怖いということや新しいことにチャレンジさせた方がいいのか、と思います。「獅子の子落とし」や「かわいい子には旅をさせろ」とも言いますし。
ただ、その一方で、嫌がる息子に無理をさせてまでやる必要があるのかと、思います。

考え過ぎなのかとも思うし、結局はバランスなのかなとも思うのですが、子育ては難しい、と改めて思います。思い悩む日々です。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント