子どもの写真と動画を一生残すための管理(LHR-DS05WU3シリーズの導入)

子どもの写真と動画のデータ管理•保存•バックアップは、子を持つ親としては関心事ではないでしょうか。

最近、管理の仕方を変えましたので紹介したいと思います。



これまでの管理方法



子どもが生まれてからすぐは、写真も動画もパソコンのローカルに保存しバックアップをNASで管理していました。NASにより家族でデータを共有していたのです。

その後、NASが壊れたため、クラウドを導入し始めました。

動画はパソコンのローカルに保存し、バックアップはPicasaウェブアルバムにアップしていました。15分以内の動画は無料でアップできます。

写真はパソコンのローカルに保存し、Googleドライブでバックアップしていました。100ギガで1月あたり約600円の有料プランです。
ちなみに、動画をPicasaにアップするついでに写真もアップしていました。念のためバックアップのバックアップ用として。2048×2048 ピクセル以内の写真は無料ですし。

GoogleドライブやPicasaなどのクラウドを使ったのは、バックアップ目的もそうですが、家族でデータを共有するためです。

このあたりのことは、以前の記事で書きましたので、ご興味があれば参照してください。
子育て夫婦の子どもの写真管理はこれで決まり


クラウドで子どもの写真を管理&家族で共有


子どもの写真も含め、我が家の全てのデータのバックアップにネットストレージを使う





現在の管理方法



第2子がもうすぐ生まれることや、将来の2人の子どもの写真と動画のデータ量の見込み、また、Picasaウェブアルバムで動画を見ると多少画質が悪いこと、それらを考え見直すことにしました。

さらに、以下ブログの記事に共感したことも大きな要因です。タイトルで飛びつきました

一瞬を一生残したい父親のための、WiFi HDDでつくる「自分専用クラウド」 : ライフハッカー[日本版]



将来のデータ量を見込むと、クラウドだと料金がばかにならない。この先料金がやすくなるかもしれないが、自分でクラウドを作った方がいいかな、と思っていました。ただ、以前、NASが壊れた苦い経験もあります。

そんな中この記事の中に出てくる自分クラウドに求める条件に共感したのです。
それは次の3つです。

1 WiFi(無線LAN)接続に対応し、気軽にデータを保存できる

2 スマートフォン、タブレットで使える(専用アプリが用意されている)

3 カセット感覚で交換できる記録媒体がいい

で、このブログで紹介されているのと同様に、Wi-Fiで接続可能でカセット感覚で交換できる外付けハードディスクLHR-DS05WU3シリーズを導入したのです。家族のパソコンやスマートフォン、タブレットからもアクセスできます。




上記の機器の中に、以下のHDDを入れました。




写真も動画もローカルのパソコンに保存し、バックアップと家族での共有を目的に上記の機器に保存します。

パソコンからもiPhoneやiPadなどのタブレット(専用アプリあり)からもアクセスでき、家族での共有には便利です。

また、HDDが壊れたとしても、取り替え式なので、安心です。さらに、2TBもあれば、この先の写真や動画はすべて保存できると思います。容量が足りなければ、カセット式で取り替えれるので、新しいHDDを入れるだけです。

これまで、写真と動画の管理にはいろいろ悩まされ続けましたが、この先、この方法でずっといけるのではないかと思っています。



▽iPhoneやiPadなどの専用アプリはこれです。
Wi-Cool
無料
(2014.01.17時点)
posted with ポチレバ
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント