事件の渦中に入れば恐怖はない

中日新聞のコラム「中日春秋」(2014年1月3日)を読んでいたら、妙に頭に残った言葉があった。

事件の渦中に入れば恐怖はない


コラムによれば『星の王子様』で有名なサンテグジュペリの言葉だそうです。

なぜ印象に残ったのか?
まったくもって共感できる経験が頭に浮かんだからです

仕事で、自分の所属する部署の、ある案件がクレームを受けた。それは多くの職員が関わっているから、部署全体がてんてこ舞いになっている。たまたま自分だけが関わっていなかった。周りがバタバタしているのに自分は何も関わらない、というか関われない。

これをラッキーと考えるという、考えもあるのでしょうが、自分としては落ち着かない。いっそのこと、自分もそれに関係して、一緒になってクレーム対応に奔走したほうがかえって落ち着く。

こういったことはたまにあって、そういった意味から「事件の渦中に入れば恐怖はない」という言葉はなかなか自分にとっては言い得て妙な言葉でした。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント