心が呼ばないものが自分に近づいてくるはずがない

仏教の教えで「思念が業をつくる」というものがあるそうです。
強く思ったことが現象として表れるということです。
稲盛和夫著『生き方』にはこうあります。

「心が呼ばないものが自分に近づいてくるはずがない」ということを、信念として強く抱いています。つまり実現の射程内に呼び寄せられるのは自分の心が求めたものだけであり、まず思わなければ、かなうはずのこともかなわない。


強く思えばそれが現実になる、とは正直思えません。そもそもそういう考え方は信じていません。
でも、自分の周りに呼び寄せられるのは自分の心が求めたものだけであるというのは、そのとおりかもしれません。
それは、常に自分の関心事にはアンテナをはり問題意識を持っておく。そうしておくことで、それに関連したことが集まってくる。そう意味でタイトルのフレーズは心にとめておきたいと思っています。


関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント