私のノート術はA4のコピー用紙を使うこと

来年の手帳や、それに伴い様々なノートが店頭に並び始めるこの時期、手帳術やノート術が気になり始めます。

今年はノート術が気になりこれを買いました。バックナンバーです。




ちなみにAmazonやKindleではなさそうなので、iPadのこのアプリで買いました。
雑誌オンライン+BOOKS
無料
(2013.10.21時点)
posted with ポチレバ



人それぞれ工夫をこらしてノートを使っているのを見るとおもしろくもなり、仕事へのモチベーションがあがります。

しかし、今の使い方を変えるまでにはいたりませんでした。
ひとりだけ私と同じような使い方をされている事例をみて、少しうれしい気持ちになりましたが。

私の使い方はというと、仕事ではノートは使いません。どこにでもあるA4のコピー用紙を使います。これを20~30枚バインダーに挟んで使うのです。それは、次のメリットを考えてのことです。


  • 事業ごとに資料をファイリングしているので、A4の紙であればファイリングが楽。ノートですと切り取ったり、コピーしたりという手間が発生します。

  • A4のコピー用紙はどこにでもあるので調達が楽。

  • 私の場合、ノートよりもA4のコピー用紙の方が、書くということの抵抗がありません。汚く書いても捨てればよいし。ノートだときれいに書こうとしてしまいます。



バインダーはどんなものを使っているかというと、かなり前に買ったので同じものは売っていません。ですが、機能としてはこれに似たものです。



紙を上ではなく横でとじるというのがポイントです。私は、会議やイベントのときは、バインダーにメモ用の用紙だけではなく、資料もはさみます。上にとじるバインダーだと、資料が上開きになり見にくくなってしまうので、横とじというのは必須の機能です。

ということで、ノート術というよりも、ノートを使わずA4のコピー用紙を使っている、というだけの話になってしまいましたが、ノートの使い方に行き詰まっている方は試してみてはどうでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント