時間がないのではなく時間の見積もりができていないのでは

時間がないからできなかった。
よく聞く話である。

例えば、仕事。
いついつまでの締め切りの資料が忙しくて時間がなくてできなかった。

例えば、週末のレジャー。
この時間に出発しようと決めていたのに準備や子どもの世話に時間がとられ、時間がなくて間に合わなかった。

などなど、時間がなくてできなかったシリーズは、毎日の暮らしの中でたくさんある人も多いだろう。

でも、こういう話を聞くたびにこう思う。
本当に時間がないのが理由なのか。
単に時間の見積もりができていないだけではないのか。

中には本当に時間が足りないという場合もあるだろう。でも、大半は、時間の見積もりができていない。問題の本質はそこにあると思う。

それに気づかず、いやそれを見ようともせず、「時間がない」を言い訳にしていては、いっこうに改善されないだろう。

言い訳で終わらせるのではなくて、できないという問題の本質を考えなければいけないのでは。言い訳をして思考が停止しているのでは。
最近、そう言いたくなることが多い毎日である。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント