5歳の子どもとパパの遊び「ガーゼかくれんぼ」

最近、5歳の息子とお風呂の中ではまっている遊びが、「ガーゼかくれんぼ」です。
私が考案したオリジナルな遊びですが、なかなか息子受けはいいです。

お風呂の中での遊びなのですが、どういう遊びかというと、まず、ガーゼを隠す人と探す人を決めます。

ガーゼを探す人は、かくれんぼのように目を隠して「い~ち、に~い、さ~ん」と10数え、「も~いいかい」と言います。

ガーゼを隠す人は、その間に、お風呂の中のどこかにガーゼを隠します。例えば、洗面器の中だったり、折りたたんだ風呂の蓋の下だったり、お風呂の中だったらどこでもありです。

そして、ガーゼを探す人が、ガーゼを見つける、という単純な遊びです。

息子が目を隠して10数えている間に、わざと折りたたんだ風呂の蓋を触って音を出して、別のところに隠します。すると、息子は風呂の蓋の近くを探しますが、実は、ここでした、と別のところに隠したことを種明かしすると、ケラケラ笑っています。

最近できていませんが、こうしたオリジナルの遊びをたくさん発明して、子どもと遊ぶというのはなかなか面白いものです。それに、そこから子どもと一緒に考えて発展させた遊びを発明するという広がりをも期待できる思います。

身近なところでオリジナルな遊びを考えてみませんか。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント