子どもの将棋といえば「どうぶつしょうぎ」

相手の考えを読む。
先を見通す。
戦略的に考える。
そんな力を5歳の息子につけてほしくて将棋をやらせたいと思っています。

かといって、まだ、将棋は早いかな、と思っていたらこんなものを見つけました。





一見すると、将棋の簡易版みたいなものですが、プロの女流棋士が考案した、けっこう深いミニ将棋です。

コマに動き方が書いてあるので動き方でいちいち説明書を見なければいけないなんてことはありません。

コマがかわいらしいので、ほのぼのと楽しめます。

最初に「お願いします」、最後に「ありがとうございます」と言いましょう、と説明書に書いてあるあたりも、親としてはなかなかグッドです。

5歳になったばかりの息子にはまだルールが理解できていないようなので、今は、私と妻が対戦して、それを息子が応援しています。いずれは息子と対戦したいのですが、今は妻との対戦でけっこう楽しんでいます。大人も十分楽しめる奥深さがありますよ。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント