夏の冷えとりの反省

最近、だいぶ涼しくなり、いよいよ夏が終わる気配を感じます。

夏が終わる今、夏の反省をしたいと思います。というのは、風邪を引いてしまったのです。冷えとり生活でいうところの正しい生活から踏み外したからでしょう。

冷たい飲み物



この夏は冷たいものを飲みすぎました。
昨年は、職場では持参した温かいお茶、カフェなどではホット紅茶、家では温かい飲み物が基本で、風呂あがりだけ常温の水でした。

ところが今年は、カフェではフラペチーノを飲む回数が増えました。週2回というときも。自宅では、帰宅したときには冷たい麦茶を飲む機会が増え、風呂あがりは毎日冷蔵庫で冷やした麦茶を飲んでいました。

ただ、これは進歩?です。
昨年と同様、今年はクーラーをつけませんでしたが、今年は扇風機も出しませんでした。うちわと、自然の風が大活躍です。


甘い食べ物



昨年は、カフェに行くと、飲み物だけを注文することが多かったのですが、今年は甘い菓子パンや、ドーナツを食べることが多くなってしまいました。さらには、1つだけならまだしも、2つ、3つということも。
自宅でもシュークリームを買ってきて、食べることが何度もありました。昨年は、ほとんどなかったのに。


半身浴



今年の夏はあまり半身浴ができませんでした。昨年は、週末の夕方に2時間程度するのが習慣になっていたのですが、今年は毎週とまではいきませんでした。


ネットやスマホを使いすぎ



夜寝る前にネットやスマホをいじったりして、目と頭が疲れたと実感する日が多かった気がします。

以上、夏の反省でした。
来年の夏は、もっと正しい生活をしたいものです。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント