喜び上手と楽しみ上手【心の処方箋 #40】

五木寛之氏の『生きるヒント』の中に「よろこび上手」という言葉が出てきます。

私たちは、よろこびをもって生きたい。それを待っているだけではなく、自分からさがし出すことに慣れなければならない。どんなにつまらないことであってもいい、それをきょう1日の収穫として大事にしたい。「よろこび上手」こそ苦しい世に生きていゆく知恵なのだ、とぼくは自分の体験から思うのです。


わたしは、これを見たとき、「楽しみ上手」という言葉が浮かんできました。

目の前の状況をとにかく楽しむことができる人。はたから見たら、大変な状況でも、その状況を楽しむことができる。
そんな「楽しみ上手」になってみたい。それには、「楽しみ上手」になろうと、日々意識をして暮らすことが必要だと思います。


関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント