「いいからいいから4」読書の日(2013年8月)

今月の「読書の日」の絵本は、息子が選びました。

※読書の日とは、毎月12日前後、、私と妻が交互に、息子に絵本を選び、多様な読書の習慣をつけるものです。詳細は以前(家族の読書の日)の記事を参照。





「いいからいいから」のシリーズの4です。このシリーズを買ったのは初めてです。
自信をなくした忍者が、「いいからいいから」が口癖のおじいちゃんに勇気づけられていくお話です。

「いいからいいから」というこの言葉。場をまるく収めてしまう不思議な言葉だと思います。

息子には、この絵本を通じて、何事も「いいからいいから」と気持ちにゆとりのあるおおらかさを持ってほしいな、と思っています。
親としては、子どもに読んでもらいたい絵本の一つです。

「いいからいいから」。
我が家での口癖になるといいな、と思いますが、どうなるでしょうか。


ウチの子は4歳ですが、長谷川義史さんの愛嬌のある絵なので、2歳くらいから楽しめると思いました。お試しあれ。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント