【読書メモ】暮らしの手帖日記




日々の暮らしで参考にしたい考え方がいくつかありましたので、そのうち2つを紹介します。


散歩人生



全速力で走るのではなく、まっすぐ進むのでもなく、目的地を目指すのでもなく、気ままに歩く。休みたければ休むし、後ろに戻ってみたり。散歩は、競争をしないから他人と同じ道を歩くこともないし、同じ歩き方もしない。何かあれば立ち止まって楽しむ。散歩はつまずくことはあっても転ばないから大怪我しない。



お金が喜ぶお金の使い方



お金が喜ぶような使い方、扱い方、つきあい方を考える。買い物をするとき、それを買うために使われるお金は喜んでくれるだろうか、を忘れずに考える。


引用したいフレーズもいくつかありましたので紹介します。

自分の舟は自分で漕がなくてはだめ


欠乏を訴える不満は、すべて今自分に与えられているものを感謝する心の欠乏から生まれるものと知らなければならない


大きなことは望まず、朝、目がさめたとき、気持ちがほがらかでいられればそれでいい。そうして、仕事や暮らしにおいて、夢中になれる何かひとつとしっかり向き合い、そこで得たささやかな喜びを宝物にしていきたい。世の中の流れに、無関心や成り行きまなせになって流されないように、暮らしという楽しい日々を一歩一歩、自分らしく歩んでいきたい。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント