担当業務が多すぎるから質よりスピード重視へ

このご時世、仕事があるだけ感謝しなければいけないのかもしれませんが、とにかく担当業務が多い。現在、10個のプロジェクトを同時平行という、かなりマルチタスクの状態です。

こういうときは、立ち止まって考える、ということはしてられません。いいのか悪いのかはさておき、与えられた仕事をこなすには、とにかく、思いつきでもいいからガンガン前に進むしかないのです。

ただし、タスク管理は重要です。私は前日に、次の日にやるべきタスクを綿密に整理します。

それができたら、それに沿って突っ走るのみ。立ち止まる余裕なんてありません。とにかく、こなす。機械的にタスク管理に沿って仕事をやっつけていく。「これでいいのかなぁ」「考え直した方がいいのかな」なんて思ってる時間はありません。ガンガン前に進めるだけ進むのです。

「巧遅は拙速に如かず」
上手で遅いのよりは、たとえ下手でも速いほうがよい、という意味。

こんなことわざがあるそうですが、まさにこんなイメージです。質よりもスピード重視。こう考えておかないと、担当している業務が多すぎてこなせないのです。業務が増えれば増えるほど質を落としていくしかしょうがない。

最近はこんな具合で仕事をこなしています。そう、仕事をしている、というより、「こなしている」という感覚です。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント