子どもと触れ合う一瞬一瞬を大切にするために~あと何回旅行に行けるのかを考えてみる~

先日、妻と4歳の息子の家族3人で、山梨県の八ヶ岳へ2泊3日の旅行に行ってきました。


あと何回旅行に行けるのか



旅行中は楽しかったのですが、帰ってきてから、ふと、切なくなってきました。それは、旅行が楽しかっただけに、こうして家族で何回旅行に行けるのだろうか、という寂しい気持ちが湧いてきたのです。


子育ては10歳まで



子育ては10歳が1つの区切りだと思っています。10歳までは親のコントロールのもと、自立(自律)できるよう育て、それ以降は親の関与は極力減らしていくつもりです。
仮にそう思っていなくても、自ずと子どものほうが親と離れたくなる気持ちが強くなってくるでしょう。親と出かけるなんて恥ずかしい、という時期がくるのです。

ちなみに、10歳を区切りに考えるのはこの本の影響が大きいです。
【読書メモ】10歳までの子育ての教科書




子どもとあと何回旅行に行ける?



ウチの子はもうすぐ5歳ですが、10歳まであと5年あります。5年を長いと思うか、短いと思うかは人それぞれでしょう。でも、こう考えると私は短く感じます。

あと何回、旅行に行けるのか?
年に2回行くとしたら、あと10回。

あと何回、花火を見に行けるのか?
夏はあと5回。

あと何回プールに行けるのか。
夏はあと5回。

こう考えると寂しくなってきます。


さらに、夏の保育園の送り迎えは自転車だから暑くて大変ですが、夏に送り迎えするのも来年のあと1回だけ。その後は、送り迎えしなくても自分で小学校に行くし、自宅に帰ってくるのです。

息子の成長をうれしく思う反面、少し寂しくなります。


子どもとの「今」を大切に



こうして考えると、息子と触れ合える時間というのはそれほど多くないと思います。そのときそのときを大切にしないとあっという間に時間は過ぎてしまいます。後で、息子とここに行っておけばよかった、あれを一緒にやっておけばよかった、という後悔はしたくありまけん。

だから、息子との「今」を大事にしようと思います。今のこのときは、「今」しかないのです。
息子と触れ合う一瞬一瞬を大切にしたい。お金や時間の制限はあるけど、できるだけいろんなところへ行き、たくさんの思い出を作りたい。そんな思いで日々暮らしていきたいのです。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント