養生は気休め【体の処方箋#6】

日々の暮らしにおいて、健康管理が第一と考えています。

そのため、冷えとり健康法を暮らしの中心においています。それなりに効果を実感していますが、盲信してはいけない、と思っています。盲信しすぎると、原理主義的になり、実生活と乖離してしまうと思っているからです。

世の中の健康法は、気休め程度、と気楽に考えておいたほうがよさそうです。

作家の五木寛之さんの次の言葉を読んで、そんな思いが強くなりました。

養生法、健康法、鍛錬法はいずれも「気休め」にすぎないかもしれません。この「気休め」という言葉を私は文字どおり受けとめています。「気」を休める」「安らかにする」「安定させる」ことと考えているのです。
私の養生生活の基本は、「すべての健康法は気休め」という考えから出発しているのです。



引用元
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント