休暇は「何をしようか」よりも先に「何を得たいか」を先に考える

わたしは、たまに休暇をとると、いろいろやりすぎて、夕方には疲労感がピークになり、いつもこう思うのです。せっかく休みをとったのに自分はいったい何をやっているんだ、と。自己嫌悪に陥ります。

そんな私なので、この言葉を見たときは、何か解決の糸口を見つけた思いでした。

休暇の計画は「その時間で何を得たいかを最初に決める」


(引用元)
休暇の計画は「その時間で何を得たいかを最初に決める」と効率的 : ライフハッカー[日本版]




何をするか、ではなく、何を得たいか。そこから考えるわけです。

もっといえば、なんのためにそれをするのかを明確にするということでしょう。
そうすれば、あとで後悔することも減るのではないか、と思います。

今度の休暇は何をしようか、と考える前に、今回の休暇で何を得たいか、を先に考えようと思っています。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント