【絵本】ちっちゃなほわほわ家族



4歳の息子に何度か読み聞かせをしていると、「ほわほわ」というフレーズが耳に残ります。そして、なんだか優しい気持ちになるのです。「ほわほわ」という言葉の与える印象でしょうか。

ほわほわ父さん、ほわほわ母さん、ほわほわ子どもが出てくるほわほわ家族です。

ほら、ほわほわってフレーズが耳に残りませんか?

ほわほわっていう言葉をチョイスした感覚はなかなかスゴいなと思っていたら、この絵本は海外のもので、谷川俊太郎氏の訳でした。

言葉の響きが優しくて、絵も暖かみを感じるものなので、2歳頃からでも楽しめるのではないでしようか。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント