日々の生活のひとつひとつの行為に集中する【心の処方箋 #32】

「心」に心配するスキを与えないほど、「行為」に集中してしまう


ある悩みがあって、何をしてても集中できない。悩みが常に頭を支配している。ということはよくあります。
でも、仕事が忙しすぎて、目の前の処理に追われているときは自然と悩みが頭から離れている、ということもあります。目の前のことに集中しきっている状態です。

冒頭の言葉のように、日々の生活の一つ一つの行為に集中するというのは、悩みを遠ざける工夫かもしれません。

食事のときに箸を口に持っていく動作、口を動かして味わうという動作、歯を磨くときの歯ブラシを奥歯に持って行く動作、うがいをするときのコップを口にあて水を喉に入れるときの動作、など日々の生活の中にはたわいもない無意識にしている動作がたくさんあるはずです。そういった動作を丁寧に集中して行うことは、悩みを遠ざけてくれるはずです。



■引用元
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント