1日1予定のざっくりスケジュール

毎日をていねいにおだやかに暮らしたい。

そこで、
「1日1つの予定しか入れない」
「スケジュールはざっくり立てる」
の2つを心がけるようにしました。

これまで、週末に4歳の息子を連れてのレジャーは、できるだけ詳細にスケジューリングをしていました。それは、有効に時間を使うことで、より多くの場所に行きたかったからです。

ただ、息子が1,2歳の頃までは、スケジュールどおりに進むのですが、3歳頃になってくると、「行きたくない」とか、「こっちに行きたい」とか、自己主張するようになりました。また、自分でいろいろやりたがるようになってくるので、着替えなどの出発するまでの準備に時間がかかるようになってきました。なかなかスケジュールどおりにはいかないし、多くの場所には行けなくなってきたのです。

せっかくいろいろな場所に行こうと効率的なスケジュールを立てているのに、予定どおりにいかないとイライラしてきます。時間が遅れると、それを取り戻そうとせかせか行動するようになってきます。
そうすると、心が落ち着かず、何かに追い立てられているようなせかせかした気持ちが強くなってくるのです。目の前のことに集中できず、常に先のことばかりに目がいってしまうのです。

知らないうちにスケジュールどおりにすることにやっきになったり、いろいろな場所に行くことが目的になってしまっていて、息子と楽しむ、という大切な部分が抜け落ちてしまっていたのです。

これではいけない。
まずは、一瞬一瞬、目の前にある出来事をていねいにとらえて楽しむことからはじめよう。
また、子どもがいるかぎり、思い通りにいくはずがないと割り切るようにしよう。スケジュールはあまり細かく立てず、ばくっとしたスケジュールのみにしよう。そして、予定は詰めすぎず、基本は1日1つとして、その1つの予定をていねいに考えよう。
そんなことを心がけるようにしました。

そう決めてから数ヶ月がたちました。
行き先の数は減ったかもしれませんが、せかせかした気持ちがなくなり、息子のペースを尊重できるようになってきています。

息子とどこかへでかけるのが目的なのではなくて、お出かけの準備も含めて息子と過ごす時間を楽しむこと、息子を楽しませること、さらには妻も含めて家族が楽しむことを考えるようになってきました。行き先はどこでもいいのです。どんだけ効率が悪くても、スケジュールなんてだいたいでいいのです。
今はそう思えるようになってきました。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント