生きることそのものが大変【心の処方箋 #27】

「自分を信じ、自分を愛することから始めるしかないのではないか」人間はただ無為に生きるだけでも大変なことなのです。一生に誇るべきことをなしとげた人は、謙虚に感謝すればよい。もしできなくても恥じることはない。生きることそのものが大変なことです。50年、60年生きたという人は、もうそれだけでほめてあげてもいい。どんな人生であっても、それなりに一生懸命、必死で生き続けてきたことに違いないのです。


この言葉を見返すと、どう生きるかという中身ではなくて、とにかく生き続けるという、生きることそのものに重きを置こうという気にさせてくれます。

さらに、ご高齢の方に対して、生き続けてきたという、ただ一点だけで、尊敬する眼差しを持てるようになりました。


▼引用元
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント