男性こそ冷えとりが必要な理由

「冷え」が体によくない、というのはよく耳にします。
でも、自分は冷え症じゃないから関係ない、と思っていませんか?とくに男性の方。

「冷え」は誰にでもある


実は、冷えは男女に関係なく誰にでもあると言われています。
サーモグラフィーでみると、人間の上半身の体温は37℃前後ですが、下半身、とくに心臓から遠い足元は31℃前後です。心臓から遠い分、足元は誰でも冷えているのです。

さらに、ダウンコートやセーターなど上半身はたくさん着込むわりには、下半身や靴下は1,2枚ということはありませんか。
また、部屋を暖房すると、温かい空気は上に行きます。ただでさえ、下半身や足元は冷えているのに、上半身ばかり温めていることになってしまっているのです。

もしかしたら、冷えどころかむしろ熱いくらいだ、という方がいるかもしれません。
でも、ちょっと待ってください。それは、ほてっているのかもしれません。
あまりに冷えがひどいと、人間の防御反応により体温を元に戻そうとして発熱するのです。それでほてるというわけです。

試してみるとわかりますが、冷たい水の中に手を入れ、出して少しすると、手がぽっぽっとほてってきます。

このように、誰にでも「冷え」はあると考えたほうがいいのです。


なぜ、冷えがよくないのか


では、冷えはどういう影響をもたらすのでしょうか。
ざっくり言うとこういうことです。

体が冷える
  ↓
血管が収縮し、血の巡りが悪くなる
  ↓
栄養や酸素を体の隅々に運べなくなる
体にたまった疲労物質など老廃物を運び出せなくなる
  ↓
体の機能や自然治癒力が低下する
  ↓
風邪など万病のもとに


要するに、体が冷えると血液の流れが悪くなり、栄養が運べず、老廃物も運び出せないため、体の不調につながり自然治癒力も低下する、ということです。


冷えとり生活のススメ


では、どうすればよいのか。
まずは、下半身、とくに足元を温める生活を送ることをオススメします。
下半身や足元を温めれば、全身の体温が均一化され、血液の巡りがよくなりますので、血液が栄養を体の隅々まで運び、貯まった疲労物質を運び出すことにつながります。すなわち、自然治癒力が高まるのです。

わたしは、2年ほど前から、下半身、とくに足元を温める「冷えとり生活」を送っています。それからというもの、風邪をひくことが減り、ひいても軽い症状で収まるようになりました。2年間、薬はいっさい飲まなくなり、病院にも行かなくなりました。

そんな、「冷えとり生活」を男性視点で紹介したいと思いますが、それは次回の記事で。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント