【絵本】ちびゴリラのちびちび




4歳の息子に読み聞かせをしたとき、タイトルの「ちびちび」を強調して読むと、響きがおもしろいのか、ゲラゲラ笑っていました。

つかみはオッケーです。これで、この絵本にはすんなり入ってくれるなと安心して読み始めました。

新しい絵本の読み聞かせをするとき、出だしには少し気を使います。つまらないと思われてしまうと後が続かないので、わざとテンション高めで読んだり、間を大きく入れて関心を引いたり、わざと読み間違えて笑いを誘ったり、と工夫をしています。

この絵本は、最後にチビゴリラが大きくなるのですが、そこでも息子はゲラゲラと笑っていました。確かに、そのすっとぼけたゴリラの表情には、クスクスと笑いがこみ上げてきます。

決してストーリーが笑える話ではなかったのですが、息子には笑いを誘う絵本となりました。

ちなみに、字が少ないので2歳くらいからでも大丈夫そうな絵本でした。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント