【書評】「人間の覚悟」



これまで期待しないで生きてきた。

社会に期待しないし、友人にも恋人にも期待しない。会社にも期待しないし、結婚した今では、妻にも子どもにも期待しない。
 
例えば、妻だから家事をするのは当たり前と期待しない。子どもは親孝行するもんだとは期待しない。社会や国が自分を守ってくれると期待しない。
 
虚無的で後ろ向きな考え方だと思われるかもしれないが、決してそうではない。
期待していないからこそ何事も自分でしっかりやろうと思う。

はなから期待していないので、期待した結果が得られず腹がたつということもない。期待していなから批判的になることもない。もし、何かいい結果が得られたのならば、期待していなかった分、喜びも大きい。
10年以上そうやって生きてきたが、この考え方には随分助けられたと思っている。
こういった考え方をするようになったのは、五木寛之さんのこれまでの著書の影響が大きい。
 
本書は、これまでの著書以上に、「期待しない生き方」に焦点を絞っていると思う。
期待しないと覚悟して生きていく。これが生きにくい現在を生きていく私の哲学である。
本書を読んで再確認できた。


《ポイント》

○諦める(明らかに究める)覚悟をもつ。

○自分が信じると選択したことに裏切られても後悔しないと覚悟する。

○善意は伝わらないと覚悟する。

○人生は不合理だと覚悟する。

○一件落着主義はウソであると覚悟す。

○国や法律は守ってくれないと覚悟する。

○健康な体は決してないと覚悟する。

○最低限から考えてみる。

○体の声に従うことが大切。

○「中道」の考え方が大事。一方に偏らないという意味ではなく、両方大事という考え方。

○人は生きただけで偉大なのだ。

○いいことをしてもひけらかさない。(中国の「隠徳」という考え方)

○資本主義は終焉の時期が来ている。

○統計などの数字よりも自分の実感を信じる。

○「格差」は、あることが問題ではなく定着することが問題。

○躁から鬱の時代(下降していく時代)に入った。

○下降する社会と上昇しようとする摩擦が若者が感じる閉塞感につながっている。

○日本人は文明は西洋から取り入れたが魂までは取り入れていない。



※本記事は、以前運営していたブログ(books in life ~知識の倉庫~)で掲載した記事の内容を一部加筆修正したものです。

関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント