物事がうまくいかないときは他力の風が吹いていない【心の処方箋 #23】

物事がうまくいかないときは他力の風が吹いていないと思えばよいのです。反対に、思った以上に物事がうまくいったときは、過信するのではなく謙虚に他力の風に感謝すべきなのです。(「他力」)



運命、天命、縁など、言葉はどれでもいいのですが、人知を超えた大きな力というものがあるんじゃないかなと思っています。「他力」もその一つ。

自分は大きな力に生かされている。そう感じながら日々暮らすことで落ち込んだりすることが減るかもしれません。傲慢な気持ちが減り、謙虚な姿勢がたくさん生まれるかもしれません。



▼引用元
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント