10秒子育て

電車の吊り広告を見ていたら「10秒子育て」という言葉が飛び込んできました。

電車で席を譲ってくれた。
泣いている子どもをあやしてくれた。
ベビーカーをドアを開けて持っていてくれた。
そういった、子育てにやさしい社会を作ろう、といったこども未来財団による啓発的な広報でした。

小さい子どもを持つ親としては、うれしい内容です。

でも、注意が必要です。
子どもがいるから席を譲ってもらう。子どもがいるから○○をしてもらう。そういったことが当然という感覚にならないようにしなければいけません。
もし、そういった親切に出会ったら、ありがたく感謝しなければいけません。

それだけではありません。親切をしてもらう側にいるだけでなく、親切する側にもならなくてはいけません。
とくに小さい子どもがいると、自然と親切をしてもらう感覚の方が強くなってしまいますので、親切する姿勢を大切にしたいものです。当然、親切する対象は子育て中の方に限りません。

「10秒子育て」ならぬ「10秒親切」というフレーズを心に持って、日々、暮らしたいものです。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント