読書の日(2013年1月)『子ども大百科』

今月の「読書の日」の本は、私が選びました。息子にとっては、初の百科事典です。

※読書の日とは、毎月12日前後、、私と妻が交互に、息子に絵本を選び、多様な読書の習慣をつけるものです。詳細は以前(家族の読書の日)の記事を参照。





4歳の息子にはちょっと早いかなと思いましたが、次の効果を狙って思い切って選びました。
様々な分野に興味を持つきっかけになること、わからないことがあったら調べる習慣をつけることです。

息子に渡すと、まず、恐竜のページと、宇宙のページを開きました。息子が、今何に興味をもっているかがわかります。

一つのテーマは、見開き1ページで構成されているので、見やすいです。「子ども大百科」となっていますが、甘く見てはいけません。大人でも知らない内容も多く、子どもだけでなく大人も十分知的好奇心をくすぐられると思います。
子どもと一緒に見て、読んで、親も楽しめそうです。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント