【読書メモ】「仏教って何ですか?」




仏教の基本のキを簡単にまとめてみました。

●仏教とは?

・古代インドのバラモン教の中で育ったブッダがそれを超える宗教として生み出したもの。
・世界三大宗教の一つ。キリスト教、イスラム教は一神教であるのに対し、仏教は多神教。


●いつ?
紀元前5世紀頃


●どうやって?
シャカ国の王子であるゴーダマシッダッタが29歳のときに修行に入り、35歳で悟りを開いた。


●基本的な教えは?

次の四法印が基本的な教え。
・諸行無常
あらゆる物事は同じところにとどまることはないという考え方
・諸法無我
全ての物は変化するのだから私というものに実体はない。そう考えることで、他人と比べたり物事に執着したりすることによる苦しみから遠ざけることができるという考え方。
・涅槃寂静
苦しみを完全に抜け出した状態
・一切皆苦
この世は全て苦であるという考え方。その原因が煩悩。


●ブッダやお釈迦様とは?
 
ブッダとは、古代インドのサンスクリット語の「目覚めた者」という意味。
お釈迦様の釈迦とは、釈迦族の聖者を表す尊称であり、釈迦牟尼のこと。略して釈尊ともいう。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント