子育ては「信じる」「許す」「受け入れる」

子どもには絶対言ってはいけない言葉があるんだ。それは『おまえのことが心配なんだ』っていう言葉なんだよ。心配してるってことは信用していないんだってことだよね。信用していないから心配するんだよね。そんなときはね、こう言ってあげるといい。『おまえのことを信頼してるよ』って。子どもを育てるときはね、信頼することと許すこと。イエスキリストも言ってるけど、本当にそれだけなんだよ。


斎藤一人さんの言葉です。

子育ては、
子どもを「信じること」と「許すこと」に尽きるということです。

私としては、さらにもう一つ、「受け入れる」です。たとえ、許せなくても、全てを受け入れる。

子どもを
「信じる」「許す」「受け入れる」。

4歳の息子を目の前にして、この3つが子育ての普遍的な土台となるのではないか、とつくづく思います。


▼引用元
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント